キャビテーション・痩身エステ

キャビテーションの安全性は?体に害はないの?



キャビテーションの施術は、安全性が高い状態で、しっかりとした効果を実感できる事で人気となっています。簡単に痩せる事が出来る施術といえば、体に大きな負担がかかったり、副作用が出たりするのではないかと考えてしまう人は少なくありません。ですが、キャビテーションの施術は、体を切ったり傷つけたりする事はない為、体に負担が少ない状態で施術を行っていく事が出来ます。


ただ、施術後は、施術によって乳化した脂肪が一気に肝臓に送られるという形になります。肝臓は送られてきた脂肪を分解する為に、通常よりも活発に活動をする事になります。


肝臓が活発に働くと体にだるさが出てくる事があり、脂肪の分解が終わるまでの数日は多少だるさを感じる可能性はありますが、副作用になるのはその程度で、この期間が過ぎると体は元通りに戻ります。


ただ、この数日は、キャビテーションによって乳化された脂肪が体に残る状態で、有酸素運動を行う事で、残った脂肪を燃焼させやすい状態になっています。ですから、体に大きな負担を感じる事がないのであれば、この期間、積極的に有酸素運動を行う事で、より高い痩身効果を得られる事になります。



キャビテーションの施術を受ける人の中には、施術中の骨伝導音が気になるという人は少なくありません。体に超音波を照射する事で、耳の中で金属音が響く状態になるというもので、施術中、その音が気になる可能性はあります。ただ、音がしても、体に悪い影響が出るという訳ではなく、音がすれば、それだけ施術が上手く行われている証拠となります。


ですが、人によっては音が不快で、施術を受ける事に抵抗を感じてしまうという人もいます。そんな場合は、音がしない施術を行っているサロンを選ぶ事が有効です。現在は、音に悩まされない状態で施術が可能なマシンもあります。ですから、音に悩まされているのであれば、違うサロンでの施術を考えてみるという事が有効です。



関連ページ

キャビテーションエステの施術の流れ
キャビテーションの痩身効果を最大化するためには?
キャビテーションで痩せたい部位として人気なのは?



横浜の人気痩身エステ

 

キャビテーション・痩身エステ

 

エステに関するコラム